1920年代のアメリカ合衆国の繁栄と「大衆消費社会」化について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数563
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1920年代のアメリカ合衆国の繁栄と「大衆消費社会」化について
    アメリカの1920年代は「狂乱の20年代」と呼ばれる。第一次世界大戦が終了して、未曾有の好景気によって資本主義経済が大輪の花を咲かせた。アメリカ中が大量消費文化を享受し、浮かれ気分を楽しんだ時代であった。
    第一次世界大戦後の好景気は、アメリカの消費を大いに刺激したが、貧富の差を広げ、新移民や少数派がその犠牲となった。人種問題は深刻化し、アメリカニズムが移民排斥主義を助長した。この経済的・政治的混乱の状況下、既成の価値観の崩壊とともに、新たな生活様式や文化が次々と誕生した。
    1920年代アメリカは、国全体が上昇志向にあった。株は右肩上がりで天井知らずであったし、国民総生産も順調に伸びていた。人々は、自分たちの未来を、常に現在の位置より上に思い描くことができた。その上昇志向を象徴していたのが、ニューヨークの摩天楼であった。
    1920年の国勢調査により、都市人口が農業人口を上回ったことが報告された。それは、アメリカが都市型社会に移行したことを意味していた。ますます競争は激化し、人々の上昇志向はさらに高まった。建設ラッシュを迎えて..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。