文章表現法 分冊1 H27-28年度課題

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数174
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【日大通教】文章表現法 分冊1 H27-28年度課題 合格リポート

    文章を書く場合に「用語」と「表記」の選択のしかたによって、文章にどのような影響を与えるのか、具体例を示して説明しなさい。

    「課題において的確に説明をすることができている。根拠となる文例を引用しつつ論じているので、大変説得力がある」との講評をいただきました。
    キーワード使用しています。参考文献記載しています。拙い文ではありますが、参考用としてお使いください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    文章表現法 分冊1
    文章を書く場合に「用語」と「表記」の選択のしかたによって、文章にどのような影響を与えるのか、具体例を示して説明しなさい。
    〈ポイント〉日本語の文章は、「用語」や「表記」により、さまざまに変化する。
    〈キーワード〉文章の「内容」、「意味あい」、「印象」、「味わい」、「善し悪し」
    書き手が日本語の文章を書く場合の、さまざまな「用語」と「表記」の選択の中から、その文章はどのような影響を受けるのか考察する。
    現代の日本で使用されている用語には、和語、漢語、外来語と、これらが混ざりあってできた混種語がある。また表記に使用されている基本的な文字には、音と意味をあらわす表意文字である漢字と、原則的に音だけをあらわす表音文字である仮名の二種類がある。文章を書く場合、類似した数種類のことばの中から、文章の内容や、前後の関係を考慮し、その場所に最もふさわしい用語や表記を選択する必要がある。
    教材によると谷崎潤一郎は、「一つの場所に当てはまる『最適な言葉はたヾ一つしかない』といい、『最初に使った一つの言葉が、思想の方向を定めたり、文体や文の調子を支配するに至る』と主張している」(二十四頁..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。