簿記論Ⅰ 分冊1 H27-28年度課題

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数350
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    【日大通教】簿記論Ⅰ(S20300) 分冊1 H27-28年度課題 合格リポート

    〈決算修正の必要について述べなさい。その具体的な修正項目である貸倒引当金の勘定,減価償却費の計上,経過勘定項目の処理に関して仕訳を示しながら,説明しなさい。〉

    「非常によくまとまっている」との講評をいただきました。
    キーワード使用しています。参考文献記載しています。拙い文ではありますが、参考用としてお使いください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    簿記論Ⅰ 分冊1
    決算修正の必要について述べなさい。その具体的な修正項目である貸倒引当金の勘定,減価償却費の計上,経過勘定項目の処理に関して仕訳を示しながら,説明しなさい。
    〈キーワード〉差額補充法,洗替法,定額法,定率法,経過勘定項目の処理
    〈参考文献〉『簿記技法〔四訂版〕』山本繁(同文舘)
    決算修正とは、「会計年度末に期間損益計算の点から,資産,負債,収益,費用の勘定を会計事実に一致させるために整理・修正する手続き」(山本,平成19年,p.76)で、決算手続きの一つである。この決算修正の必要性について述べる。
    決算とは、「会計帳簿に記録計算された営業取引の結果を損益計算の視点より整理して一会計期間における企業の経営成績と一定時点における企業の財政状態を算出する手続き」(山本,平成19年,p.65)で、すべての企業は会社法の規定において、1年を超えない範囲で、決算手続きを行わなければならない。決算では、予算と実績の比較・分析を行い、企業の財政状態を把握する重要な資料となるため、正確に行われなければならない。企業は日々の仕訳処理で現金収支と収益・費用処理を正確に行ってはいるが、一会計期..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。