法学 分冊2 H25-26年度課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数275
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【日大通教】法学 分冊2 H25-26年度課題 合格リポート

    〈違憲立法審査権が用いられて違憲とされた例を一つとりあげ、違憲とされた理由について検討しなさい。〉

    「違憲立法審査権について理解し、挙げられている事例について要領よくまとめられている」との講評をいただきました。
    キーワード使用しています。参考文献記載しています。拙い文ではありますが、参考用としてお使いください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法学 分冊2
    〈違憲立法審査権が用いられて違憲とされた例を一つとりあげ、違憲とされた理由について検討しなさい。〉
    〈キーワード〉法令審査権、憲法裁判所、国家権力の抑制と均衡、法の下の平等
    本論では違憲立法審査権の意義と、最高裁において初の法令違憲判決となった「尊属殺違憲判決」(再大判1973年4月4日)について取り上げ、その違憲理由について考察する。
    違憲立法審査権(法令審査権)とは、ある法律が憲法に違反していないかを審査する裁判所の権限である。日本国憲法81条により「最高裁判所は、一切の法律、命令、規則又は処分が憲法に適合するかしないかを決定する権限を有する終審裁判所である。」と定められていることから、最高裁は「憲法の番人」とも呼ばれる。
    違憲審査権は、①憲法は最高法規であるから、憲法に違反する法律は違憲無効であると判断する「憲法の最高法規性の概念」、②アメリカ的三権分立の思想である、憲法のもとに国会・内閣・裁判所の三権が平等に併存するとの考え方、③基本的人権を尊重するための違憲審査権、という主として3つの根拠によって支えられている。(伊藤真『伊藤真の憲法入門』第4版 日本評論社、2..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。