佛教大学 教育原論1【A評価】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数290
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    教育原論1のレポートです。
    参考資料は教科書のみです。
    レポート提出時に、この内容を転用することはおやめください。あくまで参考として用いてください。

    設題内容:「ハヴィガーストの発達課題について述べよ。」
    作成字数:3221字(設題文、参考文献記載文字数含む)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ハヴィガーストの発達課題について述べよ。
    はじめに
     オランダの教育人間学者ランゲフェルドは次のように言っている。
     「人間は決して、すでにできあがった人間として生まれてくるのではなく、教育によって子供ははじめて人間となるのであり、したがって教育こそ、人間としての発達の必須条件だ」。
     すなわち確かに教育は人間に必要である。しかし人間の発達にはさまざまな要因が関係している。大きく生得的・遺伝的要因と歴史的・社会的環境に分けられ、ジェンセンは特性ごとに生得的・遺伝的要因が環境から影響を受けるという環境閾値説を提唱したが、私は環境に年代を考慮すべきだと考える。すなわち子どもの成長ごとに影響を受けやすい特性を見極め、その特性を発現させやすい環境を整えるのだ。この年代ごとに発現しやすい特性はそのまま課題となり、すなわち発達課題と言えるのではないだろうか。
    発達課題とは
     発達課題とはアメリカの教育学者ロバート・J・ハヴィガーストが提唱した、人間の発達の段階に応じて課せられるものを指す。発達課題は教育に限らず個人の人生における課題であり、個人の欲求すなわち自由の理論と社会の欲求すなわち強制の理論..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。