学校教育職入門【A評価】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数219
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校教育職入門のレポートです。
    参考資料は教科書のみです。
    レポート提出時に、この内容を転用することはおやめください。あくまで参考として用いてください。

    設題内容:「現代の「教師に求められる資質とは何か」についてまとめたうえで、あなたはどのような教師になりたいのかについて述べてください。」
    作成字数:3203字(設題文、参考文献記載文字数含む)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代の「教師に求められる資質とは何か」についてまとめたうえで、あなたはどのような教師になりたいのかについて述べてください。
    はじめに  教師に求められていることは親によって異なる。簡潔に言えば「子どもにとって価値ある教師」であることだが、正確ではない。正確には「親が考える、子どもにとって価値ある教師」であり、すなわち親の数だけ「良い教師」が生まれる。  つまり、「よい教師と呼ばれるためには、1000個以上の供えるべき資質・能力が挙げられる」(Combs. A. W)という言葉はそれぞれの子どもの親が求める教師像が異なるが故に持たざるを得ない複数の資質を示している。今日、「教師」の仕事は肥大化する一方なのだ。  具体的には近代教育制度に則って職業化される以前の肯定的意味合いすなわち「知識や技術を教える人」としての役割はそのままに、職業人としての業務、社会の一員として子どもを教え導くという一般的責務、そして教育専門職としての責任などが加わることであり、この役割の多さに耐えきれず、バーンアウト(燃えつき症候群)してしまう教師も少なくない。  では肥大化する業務の中で、教師はどのように「良い授..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。