学校教育課程論【B評価】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数422
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校教育課程論のレポートです。
    参考資料は教科書のみです。
    レポート提出時に、この内容をそのまま転用することはおやめください。あくまで参考として用いてください。

    設題内容:「中学校あるいは高等学校のいずれかの教育課程について、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめてください」
    作成字数:3221字(設題文、参考文献記載文字数含む)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中学校あるいは高等学校のいずれかの教育課程について、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめてください。
    はじめに
    教育課程とは、学校教育の目的や目標を達成するために教育内容を生徒の心身の発展に応じ、授業時数との関連において総合的に組織した学校の教育計画である。
    予め決められた年限の中で達成するべき目的を設定し、そのための具体的なプロセスを明文化することが教育課程の設定と言えるだろう。
    私は特に中学校の教育課程についてまとめたいと思う。
    2.中学校における教育課程の基準と編成原理
    中学校教育における教育課程設定の基準は以下の3点である。
    小学校における教育をなお十分に達成して国家及び社会の形成者として必要な資質を養うこと
    社会に必要な職業についての基礎的な知識と技能、勤労を重んずる態度及び個性に応じて将来の進路を選択する能力を養うこと
    学校内外を正しく導き、公正な判断力を養うこと
    この3点を達成するための編成原理は以下の4点である。
    法令及び学習指導要領の示すところに従うこと
    生徒の人間としての調和のとれた育成を目指すこと
    地域や学校の実態を考慮すること
    生徒の心身の発達段階と特性..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。