教育社会学第二設題A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数178
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    参考資料も交えて記述しております。A判定です、ご参考下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学力低下とは何かを明らかにし、社会階層のような社会的不平等と学力がどのような関わりをもつのかについて述べてください。
     学力低下とは、日本における児童・学生の学力の低下、及びそれに関する教育問題で、1980年代以降叫ばれるようになった。その要因としては、この時期に、従来の「詰め込み型教育」から「ゆとり教育」に変換を図っており、その関連性を指摘する声が多い。さらに、PISAやTIMSSなどの客観的なデータで国際順位が落ちていることからも学力の低下が指摘されている。ただ、これは諸外国の学力レベルが相対的に上昇した結果であることも否定できない。又、学力低下を大学生に限って見れば、これまでの大学生の学力低下は、これまで大学に入ることができなかった層が大学生になることで引き起こされていた。つまり、高学歴化による側面があったとも言える。しかし、大学進学の大衆化により、国民全体としての教育水準は(実際確認されてはいないが)向上していると考えられるため、世代全体として見ると、新しい世代は、それ以前の世代以上の学力を持っていると、暗黙のうちに了解されてきたところもある。
     このように、以前は学力低下が相..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。