教育社会学第一設題A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数182
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    参考資料も交えて記述しております。A判定です、ご参考下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
     明治政府下の日本では、各分野における優れた人材の確保のため、その質的・量的に安定した供給を保証してくれるシステムを必要としていた。それを満たすものと当時考えられたのが、本人の努力次第で身分に関係無く高い地位が手に入ることを保証する政策であった。これを教育のメリトクラシーというが、学歴社会は日本をメリトクラティカルにするためのシステムとして利用されてきた。つまり、学歴社会とは、端的に述べると、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」であると言える。尚、よく混同される言葉に、高学歴社会があるが、これは単に「高学歴者の多い社会」を意味する言葉である。その意味では、「低学歴社会だが学歴社会」「高学歴社会だが非学歴社会」という社会もありうる。
     では、前段で述べた配分の基準としての「学歴」は、どのような観点で評価され、実際の社会的・職業的地位に結びつくのか。大きく分けると5つのパターンがある。
    1.漠然とした社会的評価
     これは極めて漠然と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。