教育原論第二設題A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数131
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(2件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    参考資料も交えて記述しております。A判定です、ご参考下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ジョン・ロックにおける子どもの教育論、特に習慣形成や賞罰法を中心に述べよ。
    ジョン・ロックの教育論を述べる際には、ロックの根底にある考え方と教育観について知る必要がある。まずロックはその著書「人間知性論」でタブラ・ラサ(ラテン語で「白紙の状態」)という言葉を用いて、生まれたばかりの人間は、まだ何の観念も持っていない、と述べている。その上で、子どもの教育において、生まれたばかりの子どもはまだ何の観念も持っていないが、成長するにつれて、教育によって様々な観念を獲得するようになる、という考え方を持っていた。
     そのためにロックは、子どもの教育は感覚的訓練(色、形、匂い等を知覚させる)から始めることを主張する。感覚によって一つ一つの対象について心の中に観念が起こり、様々な知識が得られる。つまり、この感覚を通じて様々な知識や観念が子どもの真っ白な心に入ってくるのである。そこで、その知識や観念を記憶し、一つ一つの名前を教わり、このような過程を経て、それらは心の中に植えつけられる。だが、子どもが誤った観念を持ったら、その子は一生誤った観念を持ち続けるかもしれない。故に正しい観念を持つように子どもを教..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。