教育原論第一設題A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数135
ダウンロード数0
履歴確認
更新前ファイル(2件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    参考資料も交えて記述しております。A判定です、ご参考下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。
    ペスタロッチーの教育における事業とは、今までの、言わば階級的特権として考えられてきた教育を広く民衆に開放したことにある。これは、ルソーを代表する、個人の人間的本質の意義と価値を絶対・平等視しようとする啓蒙精神の教育への移入ともとれる。当時のスイスは、封建的な体制が色濃く残る農村社会に産業資本が入った影響で、農村が一気に疲弊してしまっていた。貨幣経済に巻き込まれていくと、伝統的な農村社会の荒廃が起こってしまう。その結果、農民は土地を捨てて小作に転じ、さらに農民の生活が貧しくなってしまうという悪循環が存在していた。
    ペスタロッチーは、その悪循環を是正するためには、農民等の一般階級の人々に、教育によって自活能力つけさせることが必要であると考えたと思われる。つまり、特建階級に文字を覚え聖書を読めるようにするような教育よりも、一般階級の自活能力を育てることこそが教育としては重要である、と考えたということだ。
    そのペスタロッチーの教育学の柱となる教育原理には、Ⅰ.有機的・発生的教育方法、Ⅱ.直観の原理、がある。
    Ⅰ.有機的・発生的教育方法..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。