成人期 未破裂脳動脈瘤 ケーススタディ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,976
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    看護学生のケースレポートです。
    未破裂脳動脈瘤患者の入院から術後、退院までのかかわりをヘンダーソンの14項目に沿って書いています。
    はじめに、看護計画から考察まで、参考文献まであります。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    はじめに
     未破裂脳動脈瘤について,瘤のできる理由は明らかとなっていないが,高血圧や喫煙,遺伝などが関連すると考えられている.成人の2~6%(100人に数人)にこのような瘤が発見され,たまたま脳のMRIやCT検査をうけたり,脳ドックをうけたりして見つかる場合がほとんどである.中には未破裂脳動脈瘤が大きくなって脳の神経を圧迫しその障害を生じてみつかる場合もある.移行すると,クモ膜下出血という生命の危険を及ぼす状態となる.  
    病気を持つ人は,多かれ少なかれ死の恐怖におびえている.
    しかし一方で,「死と向き合うことでどう生きるかを見つめなおすことができる」と言われている.
    今回の実習では,未破裂かつ,無症状で経過していたこともあり,前向きであったが,術後の疼痛の強さで意欲が低下するという感情の変化をたどった患者を受け持った.
     疼痛の辛さから不安を覚え,家族を残してこの世を去ることを避けたいという思いから生活習慣の見直しを図りたいという壮年期の患者へ答えていく看護の役割について考察したことをここに報告する.
    Ⅰ.患者紹介
    1. 患者について
    1) 一般的事項
    ①    A氏,00歳代前半,..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。