【佛教大学】【2012年度科目最終試験対策】S8101_教育原論1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,527
ダウンロード数69
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【科目名】
    S8101_教育原論1

    【問題名】
    ①コメニウスの教授学や一斉授業について述べ,現在の学校教育における意義を考察せよ。
    ②ルソー教育の特徴(消極教育や自然主義など)について述べ、その意義や問題点を考察せよ。
    ③ポール・ラングランの生涯教育論の意義と、それ以降の生涯教育の歴史的変遷(ハッチンズ、フォール報告など)を述べよ。
    ④公教育成立の歴史的変遷について述べ、現在における学校教育の課題を考察せよ。
    ⑤ハヴィガーストの発達課題についてのべよ。
    ⑥ソクラテス的対話(産婆術)について述べ、ソクラテスの教育学的意義について考察せよ。

    【その他共有事項】
    本資料を基に試験対策をされる方が、より容易に覚えられるように、構造的に解答を構成しております。
    また、各問題への解答の文字数は、600~1100文字、平均して800文字程度となっております(一部資料除く)。
    私の経験上、650文字程度を覚えておけば、佛大の最終試験解答用紙の4分の3は埋まります。
    以上より、「高得点でなくてもいいので、より容易に最終試験を突破したい」という方に最適な資料と考えております。
    他の科目も含めた現時点の試験結果は、70~90点となっており、不可となった科目はありませんので、品質には自信があります。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ★セット販売情報★

    学習を始められる皆様方に効率的かつ効果的に学習を進めていっていただけたらと思い、セット販売もしております。
    これらのセット販売は、大幅に割引しております。
    また、セット販売の各ページに、科目コードや科目名といった基礎情報を、科目単位の販売ページに、レポート説題内容や過去問内容といった詳細情報を記載してあります。
    もしよろしければ、ご覧くださいませ。

    ■教職科目系のレポートセット
    【佛教大学】【2012年度レポート】教職科目12科目&日本国憲法&介護等体験研究
    http://www.happycampus.co.jp/docs/949427687643@hc12/97895/

    ■教職科目系の最終試験対策セット
    【佛教大学】【2012年度科目最終試験対策】教職科目12科目&日本国憲法
    http://www.happycampus.co.jp/docs/949427687643@hc12/100075/

    ■数学科目系のレポートセット
    【佛教大学】【2012年度レポート】S0636_代数学概論&S0639_幾何学概論&S0642_解析学概論&S0645_確率論
    http://www.happycampus.co.jp/docs/949427687643@hc12/100694/

    ■数学科目系の最終試験対策セット
    【佛教大学】【2012年度科目最終試験対策】S0636_代数学概論&S0639_幾何学概論&S0642_解析学概論&S0645_確率論
    http://www.happycampus.co.jp/docs/949427687643@hc12/100735/
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ---------------------------------------------------------------------------------------------------------
    1.コメニウスの教授学や一斉授業について述べ,現在の学校教育における意義を考察せよ。
    ---------------------------------------------------------------------------------------------------------
    コメニウスの教授学
    コメニウスは全ての青少年の教育の為に、全ての子どもが貧富の別、男女の別、身分の別なく学校へ通い、教育を受けることの必要性を説いている。
    人間の教育は少年時代に発足され、教育の順序は子どもが受容可能なように段階的ある必要があり、一歩一歩段階的に教えるためには、統一的で体系的なカリキュラムが求められる。
    そして、一旦学校へ送られた子どもは、カリキュラムに従って知識・道徳・敬虔を修得するまで教育を継続しなければならない。
    また、すべての子どもが学習可能な「教材」が必要であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。