【佛教大学】【2012年度レポート(A判定)】Z1001_日本国憲法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,031
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【科目名】
    Z1001_日本国憲法

    【説題名】
    法の下の平等について

    【その他共有事項】
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ★セット販売情報★

    学習を始められる皆様方に効率的かつ効果的に学習を進めていっていただけたらと思い、セット販売もしております。
    これらのセット販売は、大幅に割引しております。
    また、セット販売の各ページに、科目コードや科目名といった基礎情報を、科目単位の販売ページに、レポート説題内容や過去問内容といった詳細情報を記載してあります。
    もしよろしければ、ご覧くださいませ。

    ■教職科目系のレポートセット
    【佛教大学】【2012年度レポート】教職科目12科目&日本国憲法&介護等体験研究
    http://www.happycampus.co.jp/docs/949427687643@hc12/97895/

    ■教職科目系の最終試験対策セット
    【佛教大学】【2012年度科目最終試験対策】教職科目12科目&日本国憲法
    http://www.happycampus.co.jp/docs/949427687643@hc12/100075/

    ■数学科目系のレポートセット
    【佛教大学】【2012年度レポート】S0636_代数学概論&S0639_幾何学概論&S0642_解析学概論&S0645_確率論
    http://www.happycampus.co.jp/docs/949427687643@hc12/100694/

    ■数学科目系の最終試験対策セット
    【佛教大学】【2012年度科目最終試験対策】S0636_代数学概論&S0639_幾何学概論&S0642_解析学概論&S0645_確率論
    http://www.happycampus.co.jp/docs/949427687643@hc12/100735/
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題
    法の下の平等について
    ◆本リポートの構成
    1.はじめに
    2.自由と平等
    3.法の下の平等の歴史的変遷
    4.合理的差別の容認
    5.平等違反の違憲審査
    6.おわりに
    ◆リポート
    1.はじめに
    「法の下の平等」とは、個人権であるとともに人権の総則的な意味を持つ重要な憲法上の原則であり、憲法14条1項において「すべての国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」と定められている。そして同条2項では、貴族等の封建的な世襲の特権を廃止し、同条三項では栄誉、勲章といった栄典は世襲されず一代限りとし、またなんらの特権を伴わないものとして定められている。
    これらの平等の理念は人権の歴史において、自由とともに、個人尊重の思想に由来し、常に最高の目的とされ、身分制社会を打破し、近代立憲主義を確立する推進力となったのである。
    2.自由と平等
    戦後に主張された自由とは、国家の権力の作用に限界を定め、個人の基本権、例えば身体の自由、思想の自由・経済的自由等に対して国家権力の介入する事を禁止する、言い換えれば国家からの自由で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。