精神保健福祉援助実習

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数674
ダウンロード数41
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉援助実習
    「生活のしづらさを抱える精神障害者への支援において精神保健福祉士としてSSTをどのように活用するか述べてください。」 

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    精神保健福祉援助実習
    「生活のしづらさを抱える精神障害者への支援において精神保健福祉士としてSSTをどのように活用するか述べてください。」 
     精神障害者は、その障害・疾患ゆえに、対人関係を良好に維持することや、ストレスへの適切な対処などが容易にできないことが往々にあり、苦労をする。
     SSTは、社会生活技能訓練であり、精神障害者の障害・疾病・ストレスに対する対処技能を向上させる方法である。単に経験的な生活指導とは異なり、認知行動理論に基づいて対人的コミュニケーションを改善する訓練を行なうものである。認知領域、感情領域、精神運動領域での活動を賦活して、精神障害者が主体性を回復するために効果的な訓練方法である。
     リバーマンは、SSTを以下のとおり定義する。
     SSTは、社会的相互作用を効果的に行なう社会的行動の実践力を習得することである。このような実践力に必要な技能としては、①正確な社会的知覚(受信能力)、②認知過程(さまざまな選択可能な諸行動のなかから最善の行動を選択する能力)、③実行(選択した行動を適切な言動によって他者に伝達する送信能力)という3つがある。
     また、リバーマンはS..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。