人体の構造と機能及び疾病

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数757
ダウンロード数39
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    人体の構造と機能及び疾病
    「国際生活機能分類(ICF)の基本的な考え方とそれまでの変遷について述べなさい」

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    人体の構造と機能及び疾病
    「国際生活機能分類(ICF)の基本的な考え方とそれまでの変遷について述べなさい」
     個人の障害は、傷病に起因することが多い。また、加齢によるものもある。障害は、生活するうえでの困難をもたらす要因ではあるが、その困難は各人によって異なる。同等の障害を有していている人が複数いたとしても、彼らの生活環境や主観的環境によって、生活上の困難はそれぞれ異なるのである。
     世界保健機関(WHO)は、障害によって生じる生活課題を克服するためには、障害と環境の相互作用から理解する必要があるとの考え方に立ち、国際障害分類(ICIDH)を作成した。国際障害分類は、1981年に国際障害者年を迎えるにあたり、1980年に発表された。
     これは、障害を、①機能障害、②能力障害、③社会的不利の3つの次元に分けた。それぞれの詳しい分類を作ることで、障害構造を総合的に捉えようとしたものである。傷病により顕在化したものを①機能障害とし、そのことによって実生活上の活動や参加が制約されることを②能力障害ととらえた。そして、②能力障害によって社会的役割が果たせなくなることをもって③社会的不利とするもの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。