相談援助の理論と方法2

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数1,041
ダウンロード数58
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『相談援助の理論と方法2』
    「「ストレングスモデル」と「課題中心アプローチ」について述べなさい」

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    『相談援助の理論と方法2』
    「「ストレングスモデル」と「課題中心アプローチ」について述べなさい」
     ストレングスとは、生得的な才能・獲得した能力・スキルなど、潜在的能力のようなものを意味する。クライエントの病理・欠陥に焦点を当てるのではなく、ストレングスに焦点を当てることを強調することをストレングス視点という。
     ソーシャルワーク実践におけるストレングスへの着目は、1980年代後半より提唱され、サリーベイ・ラップにより研究が進められ、今日では主要概念の一つとなっている。
     ソーシャルワーカーが支援課題をとらえるとき、クライエントの「強さ」や「能力」に焦点を当てようとするモデルであり、「豊かな能..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。