相談援助演習3

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数572
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『相談援助演習3』
    「「バイスティックの原則」について述べなさい」

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    『相談援助演習3』
    「「バイスティックの原則」について述べなさい」
     バイスティックの原則は、アメリカ人のケースワーカーであるバイスティックが『ケースワークの原則』にて著した概念である。最も基本的なケースワークの作法として認識され、対人援助職者にとっての行動の基本原則である。これには、以下の7原則がある。①個別化、②意図的な感情表出、③統制された情緒的関与、④受容、⑤非審判的態度、⑥クライエントの自己決定、⑦秘密保持、である。
     バイスティックは、ケースワーカーとクライエントの良好な援助関係の形成が両者の間に生まれる態度と感情による力動的な相互作用と捉え、この関係の目的はクライエントの適応の過..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。