社会理論と社会システム

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数1,082
ダウンロード数57
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『社会理論と社会システム』
    「現代社会における「社会問題」に関するトピックを示した上で、その問題を社会学の用語を使って説明しなさい」 

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    『社会理論と社会システム』
    「現代社会における「社会問題」に関するトピックを示した上で、その問題を社会学の用語を使って説明しなさい」 
     日本社会における家族機能の低下について、社会問題として捉えることとする。
     社会学の領域において比較的広く用いられている家族の定義は、次の通りである。「家族とは、夫婦関係を中心として、親子、兄弟、近親者によって構成される、第一次的な幸福追求の集団である。ただし、これらの要件をすべて充足する必要はなく、夫婦の一方を欠く父子のみや母子のみであっても、親又は子あるいは双方を欠く夫婦のみであっても、血縁関係を欠く養親子であっても家族に含まれる」
     アメリカの文化人類学者マードックは、家族の基本的な単位は、夫婦と未婚の子からなる核家族であるとし、それには基本的な4つの機能があると述べた。それらは、①性的機能(夫婦間の性的欲求の充足および規制を担う)、②経済的機能(共住共食および性にもとづく分業としての経済機能)、③生殖的機能(子供を産む)、④教育的機能(子どもを世話して一次的社会化をする)である。
     この理論に対して、パーソンズは、近代社会においては上記4つの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。