児童・家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数929
ダウンロード数41
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『児童・家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度』
    「児童・家庭福祉制度の発展過程について述べなさい」

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    『児童・家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度』
    「児童・家庭福祉制度の発展過程について述べなさい」
     児童を一人の人格主体としてその権利を尊重し、福祉を守るようになったのは、人類の歴史のうえでは20世紀になってからのことである。
     日本においては、第二次世界大戦前には、児童福祉施設としての孤児院、非行・犯罪に対する感化院、保育事業としての託児所、障害者を対象とした施設などが、志をもった個人により民間で作られた。また、児童保護のために矯正院法、少年救護法、保健所法、母子保護法が成立した。
     戦後、1947年に児童福祉法が成立した。その第1条で、「すべて国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、かつ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。