社会保障

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数351
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会保障
    「過労死と労災保険について論じなさい」

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    社会保障
    ③「過労死と労災保険について論じなさい」
     用語に関して述べると、労災保険とは、労働者災害補償保険が略されたものである。労災保険と雇用保険をまとめた総称が、労働保険である。
     労災保険は、業務災害と通勤災害による傷病等に対する補償を行なう制度である。労災保険料を財源とされる。制度の枠組みは、労働者災害補償保険法において定められている。
     労働者災害補償保険法は、1947年に施行された。その後、労災保険制度は、たび重なる改正により、適用事業の拡大、給付水準の引き上げ、通勤災害保護制度の導入、労働福祉事業の創設などが行なわれ、これまで制度の充実が図られてきた。
     最近では、2000年の改正において、二次健康診断等にかかる給付の創設がされた。業務による過重負荷に伴う脳・心臓疾患の発症の予防を的確に行なうため、一定範囲の健康診断や健康診断結果に基づく保健指導が労災保険制度の給付として位置づけられることとなった。これは、近年、業務での過重負荷により脳血管疾患や虚血性心疾患などを発症して、障害状態に至り死亡する人が増加傾向にあることを受けての対応である。このような脳・心臓疾患による死亡は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。