社会理論と社会システム

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数1,169
ダウンロード数38
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会理論と社会システム
    「家族はその機能を外部化したり、また虐待などの問題に見られるように様々な矛盾をかかえています。今後、家族が私たちにとってどのような意味をもつこととなるかを考察してください。」

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    社会理論と社会システム
    「家族はその機能を外部化したり、また虐待などの問題に見られるように様々な矛盾をかかえています。今後、家族が私たちにとってどのような意味をもつこととなるかを考察してください。」
     アメリカの文化人類学者であるマードックは、様々な社会の家族形態を調査して、家族を、核家族、拡大家族、複婚家族の3つに分類した(『社会構造』,1949年)。そして、どのような社会でも、家族の基本的な単位は、夫婦と未婚の子からなる核家族であるとした。
     さらにマードックは、核家族には基本的な4つの機能があると述べた。それは、①性的機能(夫婦間の性的欲求の充足および規制を担う)、②経済的機能(共住共食および性にもとづく分業としての経済機能)、③生殖的機能(子供を産む)、④教育的機能(子どもを世話して一次的社会化をする)である。核家族は、最小の親族集団であり、社会の核と考えられ、それは「核家族普遍説」といわれるものである。
     この理論に対して、T.パーソンズは、近代社会においては上記4つの機能は核家族固有の機能とはいえなくなったと述べた。産業社会では、生産活動は企業が担ったり、教育機能は学校教育..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。