権利擁護と成年後見制度

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数887
ダウンロード数41
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    権利擁護と成年後見制度
    「消費者契約法に基づいて消費者が保護される場合の具体例を設定して解説しなさい。」

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    権利擁護と成年後見制度
    「消費者契約法に基づいて消費者が保護される場合の具体例を設定して解説しなさい。」
     消費者契約法は、2000年に成立した法律である。その目的は、以下の2つであった。「①事業者の一定の行為により消費者が誤認し、又は困惑した場合について契約の申込み又はその承諾の意思表示を取り消すことができることとする」、「②事業者の損害賠償の責任を免除する条項その他の消費者の利益を不当に害することとなる条項の全部又は一部を無効とする」
     この法律は2006年に改正されて、消費者団体訴訟制度が盛り込まれ、3つ目の目的として、「③消費者の被害の発生又は拡大を防止するため適格消費者団体が事業者等に対し差止請求をすることができることとすることにより、消費者の利益の擁護を図り、もって国民生活の安定向上と国民経済の健全な発展に寄与すること」が追加された。
     消費者と事業者との間には、情報・交渉力の格差が極めて大きい状況にあり、そのため様々な消費者被害が発生している。この状況を受けて消費者契約法はできたである。
     第4条では、契約を取り消すことができる場合の3類型が以下の通り挙げられている。これ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。