地域福祉の理論と方法

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数857
ダウンロード数62
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    地域福祉の理論と方法
    「現在の地域福祉分野において市区町村社会福祉協議会が担うべき役割について述べなさい」

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    地域福祉の理論と方法
    「現在の地域福祉分野において市区町村社会福祉協議会が担うべき役割について述べなさい」
     地域福祉とは、さまざまな問題を抱えている人々が、地域において自立生活できるよう必要なサービスを提供することである。このために、社会資源の活用・社会福祉制度の確立・福祉教育の展開が総合的に行われる。
     2000年に、社会福祉法のなかで、地域福祉ということばが初めて登場した。そこでは、地域福祉の推進に努めなければならないことが記されている。その主体としては、地域住民、社会福祉を目的とする事業を経営するもの、社会福祉に関する活動を行うものと大きく3つに分けられ、従来よりも広範囲となった。近年、地方分権化が図られ、社会福祉の分野においても地域福祉の推進が法制化されたのである。
     現在は、地域福祉が社会福祉の主流となる流れであるが、これに至る歴史的経緯を簡単に述べる。
     戦後、日本経済は急成長を遂げ、社会は豊かになったが、地域は大きく変化し、数多くの社会福祉問題が発生した。1960年代から70年代にかけては、アメリカにおけるコミュニティ・オーガニゼーションの考え方をくみ、地域社会化が理念..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。