精神保健福祉援助技術各論

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数682
ダウンロード数35
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉援助技術各論
    「精神科医療機関における精神保健福祉士と他の専門職とのチームアプローチの意義と内容を述べなさい」

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    精神保健福祉援助技術各論
    「精神科医療機関における精神保健福祉士と他の専門職とのチームアプローチの意義と内容を述べなさい」
     近年では、患者・家族のニーズの多様化に対応するために、また、医学の専門化・高度化や医療の細分化に伴い、チーム医療が重視されている。医療のなかでもとくに精神医療において、チーム医療は発展してきた。
     1950年代から向精神薬の発達により、症状が軽快し退院可能な患者が増加するようになると、精神障害者のリハビリテーションが精神医療の新たな課題となってきた。精神科医療機関において、精神保健福祉士が配置されるようになったのは、アメリカにおいて発展した力動精神医学の理論が我が国に導入され、精神保健福祉士の役割と機能が患者の治療やリハビリテーションを進めるうえで有効であることが周知されてきたことによる。
     精神科医療機関におけるチーム医療(チームアプローチ)は、精神科医、看護師、精神保健福祉士、臨床心理技術者、作業療法士などのスタッフが、情報を提供し専門性を相互に分かち合いながら、共通の理解のもとに治療と援助目標に基づいて協力することである。チーム医療は、精神病患者の早期治療..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。