精神保健福祉論2

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数156
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉論
    「障害者自立支援法の概要をまとめ、精神障害者がこの法による制度を利用する際の課題について論じなさい」

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    精神保健福祉論②
    「障害者自立支援法の概要をまとめ、精神障害者がこの法による制度を利用する際の課題について論じなさい」
     戦後、我が国では、障害者対策は、「児童福祉法」「身体障害者福祉法」「知的障害者福祉法」を中心に展開してきた。平成5年には、障害者の自立と社会参加を推進するため、「心身障害者対策基本法」が「障害者基本法」に改正された。この法律において、障害者は身体障害者、知的障害者、精神障害者の三つであると定義された。また、障害者の人権と尊厳を重んじ、生活を保障される権利を有すると同時に社会を構成する一員として、あらゆる分野の参画が認められており、これらに対する差別の撤廃ならびに障害者の諸権利を保障すべきであるとされた。
     精神障害者については、精神障害者の医療と保護の機会の提供を目的とした「精神衛生法」が1950年に、精神障害の人権保護と国民の精神保健の向上を目的とした「精神保健法」が1987年に制定された。1995年には、精神障害者に対する福祉施策の充実を目的とした「精神保健福祉法(精神保健及び精神障害者の福祉に関する法律)」が制定された。内容としては、精神科病院から社会復帰施設..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。