精神科リハビリテーション学

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数241
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神科リハビリテーション学
    「精神障害者の職業リハビリテーションの概要を整理し、今後の課題について述べなさい」

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    精神科リハビリテーション学
    「精神障害者の職業リハビリテーションの概要を整理し、今後の課題について述べなさい」
     障害者社会復帰を目的とした援助活動を総称してリハビリテーションと呼ぶ。ILOによる職業リハビリテーションの基本原則(1983年)によると、職業リハビリテーションは「障害者が適当な雇用につき、それを継続し、かつ、それにおいて向上することができるようにすること、ならびに、それにより障害者の社会への統合または再統合を促進すること」と定義されている。
     労働による生産活動に携わることで社会との接点を持つことができ、社会参加につながる。このことにより、生活の充実感がもたらされる。また、収入を得ることができ、本人と家族の生活を支えることができるようになる。
     職業リハビリテーションの過程には6つあり、説明を加えると以下のとおりである。
    ①職業評価 障害者職業センターや各種就労支援機関により、障害者の職業能力について、実態把握する課程である。
    ②職業指導 カウンセリングをとおして、自己理解と職業理解を促し、就労について望ましい自己決定を支援する。
    ③職業準備訓練と職業訓練 就業に必要な適..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。