現代社会と福祉

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数377
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現代社会と福祉
    「社会福祉法人について説明しなさい」

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    現代社会と福祉
    「社会福祉法人について説明しなさい」
     社会福祉法人とは、社会福祉法の規定に基づき、社会福祉事業を行うことを目的として設立された法人である。社会福祉事業には、第二種と第一種が存在する。
     第二種社会福祉事業は、比較的利用者への影響が小さいため、 公的規制の必要性が低い事業である。主として在宅サービスであり、経営主体の制限はない。
     第一種社会福祉事業は、利用者への影響が大きいため、経営安定を通じた利用者の保護の必要性が高い事業である。経営主体は、行政及び社会福祉法人が原則である。生活保護法に規定する救護施設、児童福祉法に規定する児童養護施設、老人福祉法に規定する養護老人ホームなどがあり、主として入所施設サービスである。施設を設置して第一種社会福祉事業を経営するときは、都道府県知事の許可が必要である。また、役員として理事・幹事を置くこと、社会福祉事業のための資産を備えることが必要である。
     戦後、社会福祉法人が社会福祉事業の主たる担い手と位置づけられてきた。時代の変化とともに、社会福祉法人のありようは変化している。
     1951年に社会福祉事業法が制定されたときには、社会福..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。