精神保健福祉援助演習1

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数317
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉援助演習1
    「エクササイズ1について、あなたなりに精神保健福祉士としてどのように対応するか、考察してまとめてください。」

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    精神保健福祉援助演習1
    「エクササイズ1について、あなたなりに精神保健福祉士としてどのように対応するか、考察してまとめてください。」
    1)問いかけにはほとんど答えず、黙っていることが多い面接場面で、どう対応するか。
    2)分かりませんとしか答えない人にどう接するか
    3)面接では話があちこちに飛んで余計に混乱する。どう軌道修正すればよいか。面接技法という観点から考えなさい。
     精神保健福祉士としての仕事の第一歩は、利用者を理解することである。理解のためには、その人その人が様々なパーソナリティや行動様式を持っていることを分かっていなければならない。精神疾患を有している場合、その疾患に起因する思考パターンや行動の傾向があったとしても、それはその人の一面であり、患者の範疇で人くくりにして理解することは適切ではない。また、疾患を有していることによって問題を多く抱えていたとしても、「できること・得意なこと」といった健全な部分や長所に着目するというストレングス視点を持つことは有効である。
     テキストのエクササイズ①~③は、利用者が置かれた環境においてギャップがある状況と言える。精神保健福祉士としては、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。