高齢者福祉論 B+判定「在宅福祉サービスの体系と介護保険制度について述べよ」おまけ科目終

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数18
閲覧数681
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポートに加え、おまけに科目終了試験も乗せていますが、どれも平均700字程度でまとめたものです。ものによっては1000字程度のもありますが、あくまで参考程度にご利用下さい。

    この教科以外にも科目終了試験付のレポート販売してますので
    ぜひご利用くださいね!

    科目終了試験
    ①介護保険制度について
    ②在宅福祉サービスをめぐる今日的課題について
    ③老人ホームをめぐる今日的課題について
    ④高齢者を支援する組織とその役割について
    ⑤高齢者の人権と虐待について
    ⑥戦後の高齢者福祉制度の変化について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「在宅福祉サービスの体系と介護保険制度について述べよ」
     1、在宅福祉サービスとは
     現在わが国では超高齢社会を迎え、高齢者福祉施策の一層充実が課題となっている。
     以前までの高齢者福祉施策は、どちらかと施設対策中心に進められてきた。しかし高齢者の多くは、身体機能が低下しても住み慣れた地域や家庭とともに暮らしていくことを望んでいる。このことからも、高齢者の在宅での生活を支援していくことが必要だろう。
     在宅福祉サービスとは、社会福祉の利用者を居宅において援助するための各種の福祉サービスを指す。1990年の「社会福祉関係八法改正」により在宅福祉サービスが各法に規定され、本格的な在宅福祉の計画的推進の時代に入ったと言えよう。
     2、在宅福祉サービスの体系
     在宅福祉サービス、延いては高齢者福祉の根拠となるのは老人福祉法であり、高齢者を支援する法体系である。1963年に制定され、その目的を「老人の福祉に関する原理を明らかにするとともに、老人に対し、その心身の健康の保持及び生活の安定のために必要な措置を講じ、もって老人の福祉を図ること」とし、高齢者支援の各関係法規の基本法ともいえるものである..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。