ソーシャルワーク演習Ⅰ A判定「地域社会に対するニーズ把握から支援計画までのプロセスについて述べよ」おまけ科目終

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数18
閲覧数1,616
ダウンロード数67
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポートに加え、おまけに科目終了試験も乗せていますが、どれも平均700字程度でまとめたものです。ものによっては1000字程度のもありますが、あくまで参考程度にご利用下さい。

    この教科以外にも科目終了試験付のレポート販売してますので
    ぜひご利用くださいね!

    科目終了試験
    ①社会福祉援助活動とソーシャルワーカーについて
    ②ニーズとは何か
    ③地域のニーズ調査の方法と留意点について
    ④サービスの評価について
    ⑤キー・インフォーマント・アプローチについて
    ⑥コミュニティについて

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「地域社会に対するニーズ把握から支援計画までのプロセスについて述べよ」
     ソーシャルワークの諸援助活動は、大きく直接援助活動・間接援助活動・関連援助活動に分けられる。
     直接援助技術は、個別援助技術(ケースワーク)と集団援助技術(グループワーク)から成り立つ。
     間接援助技術は、地域援助技術(コミュニティワーク)、社会福祉調査法(ソーシャルワーク・リサーチ)、社会福祉運営管理(ソーシャル・ウェルフェア・アドミニストレーション)、社会福祉計画法(ソーシャル・ウェルフェア・プランニング)、社会活動法(ソーシャルアクション)から成り立つ。
     関連援助技術としては、ケアマネジメント、ネットワーク、スーパービジョン、カウンセリング、コンサルテーションがある。
     そして、これらソーシャルワークにおける援助関係は、一定のプロセスを通じて展開される。それには、クライエントの問題を明確にし、その問題状況やニーズのアセスメント、援助目標と課題の設定、そして援助計画を立て、実施し、それを評価するといったプロセスがある。そして、援助結果に関する評価に基づき、問題を再分析し、計画を立て直し、再び実践して、評価..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。