社会福祉運営管理論 A判定「福祉サービスにおける組織と運営について述べよ」ぷらす科目終

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数22
閲覧数1,464
ダウンロード数46
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポートに加え、おまけに科目終了試験も乗せていますが、どれも平均900字程度でまとめたものです。ものによっては1000字程度のもありますが、あくまで参考程度にご利用下さい。

    この教科以外にも科目終了試験付のレポート販売してますので
    ぜひご利用くださいね!

    科目終了試験
    ①福祉サービスに関わる組織と団体について
    ②福祉サービスの組織と経営の基本理論について
    ③福祉分野におけるサービスマネジメントについて
    ④福祉サービスにおける苦情対応とリスクマネジメントについて
    ⑤福祉サービスにおける人材の評価について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「福祉サービスにおける組織と運営について述べよ。」
     1、はじめに
     「福祉は人なり」といわれてきた。福祉サービスの多くは人によって提供されるもので、その質はサービス提供者である職員で決まるということである。
     大きく環境が変わるなかで、人による福祉サービスは、個対個のサービス提供から、集団対集団、または個対集団へと、サービス提供側がその質を確保するために複数人、複数組織でサービスを提供するようになった。したがって、サービス提供側の組織の形態やそのあり方を研究する必要がある。
     また、従来型の社会福祉施設の経営管理モデルでは、サービス実践に関する手法は存在していたが、事業主体全体を考えた組織の経営管理という考え方はなかった。このため、福祉サービスの経営のあるべき姿や課題は十分に検討されてこなかった。しかし、医療の発展や少子高齢化の到来により、福祉サービスの新たなニーズが増加し、福祉サービスの基本的なシステムを変えることにより、幅広く膨大なニーズに応えようとしている。さらに、介護や保育の分野を新たな産業として位置づけ、従来のような限定した事業主体から、民間企業も含めたさまざまな主体の参..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。