更生保護 A判定「更生保護の実際と今後の展望について述べよ」ぷらす科目終

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数26
閲覧数1,194
ダウンロード数44
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポートに加え、おまけに科目終了試験も乗せていますが、どれも平均900字程度でまとめたものです。ものによっては1000字程度のもありますが、あくまで参考程度にご利用下さい。

    この教科以外にも科目終了試験付のレポート販売してますので
    ぜひご利用くださいね!

    科目終了試験
    ①仮釈放制度について
    ②保護観察について
    ③更生保護制度における関係機関・団体との連携について
    ④更生緊急保護について
    ⑤医療観察制度について
    ⑥犯罪予防活動について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「更生保護の実際と今後の展望について述べよ」
     1、更生保護とは
     更生保護とは、犯罪をした者および非行のある少年に対し、社会のなかで適切に働きかけることにより、その再犯を防ぎ、非行をなくし、彼らが自立し立ち直ることを助けることで、社会を保護し、個人と公共の福祉を増進することを目的とする。その内容は、仮釈放等、保護観察、生活環境の調整、更生緊急保護、被害者等が関与する制度、恩赦、犯罪防止と多岐にわたっているが、その中心は保護観察となっている。
     現在の更生保護制度は、1949年に制定された「犯罪者予防更生法」によって誕生したものであるが、警察、裁判、矯正の諸制度と並んで刑事司法のなかに位置づけられている。その特質、社会内のあらゆる資源を活用して、対象者の地域生活を支援する処遇システムにある。そのために、対象者の再犯リスクを正確に把握し、そのニーズに応じた最もふさわしい方法により、改善更生のために必要かつ相当な限度において行うことが求められている。
     2008年は、更生保護の新たな幕開けとなった。制度の基本法が「更生保護法」へと変わり、更生保護の目的として、犯罪をした者および非行のある..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。