地域福祉論② A判定「日本の地域福祉に影響を与えた海外の考え方について述べよ」 ぷらす科目終

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数25
閲覧数1,013
ダウンロード数51
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポートに加え、おまけに科目終了試験も乗せていますが、どれも平均900字程度でまとめたものです。ものによっては1000字程度のもありますが、あくまで参考程度にご利用下さい。

    この教科以外にも科目終了試験付のレポート販売してますので
    ぜひご利用くださいね!

    科目終了試験
    ①福祉実践における公私分担のあり方について
    ②社会福祉協議会の組織と機能について
    ③在宅福祉サービスの基盤整備について
    ④地域福祉活動における住民参加の意義について
    ⑤地域包括支援センターの業務について
    ⑥民生委員・児童委員・保護司の制度とその活動について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「日本の地域福祉に影響を与えた海外の考え方について述べよ」
     今日の日本はイギリス、アメリカ両国の動向に影響を受けながら独自の地域福祉概念を発達させてきた。イギリスが地方自治体を中心とした社会福祉システムを構築し、同時にボランタリーセクターとの関係(公私関係)を重視してきたという点で、日本の地域福祉に影響を与え、また、アメリカではコミュニティにおけるソーシャルワークが、これまで日本の地域福祉に影響を与えてきた。こうした両国のソーシャルワークの実践が変化してきていること、そうした変化における日本との共通性を見出すことができる。
     地域福祉とは、地域の福祉問題を地域住民やボランティア、行政・民間がお互いに協力して解決するものである。昨今は社会構造が変わったことで、今まで福祉の対象にはなりづらかった人たちへの対応が求められるようになった。ただ行政が一方的援助するといった形から、地域に住む人々と密接に関わる施策をとるようになったのは何故かを、世界と日本の社会福祉の過去及び現状から学んでいく必要がある。
     以下に日本の地域福祉に影響を与えたイギリス・アメリカにおいて発展してきた地域福祉に関する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。