福祉行財政と福祉計画 B+判定「福祉計画と福祉行財政について述べよ」ぷらす科目終

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数24
閲覧数926
ダウンロード数57
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポートに加え、おまけに科目終了試験も乗せていますが、どれも平均900字程度でまとめたものです。ものによっては1000字程度のもありますが、あくまで参考程度にご利用下さい。

    この教科以外にも科目終了試験付のレポート販売してますので
    ぜひご利用くださいね!

    科目終了試験
    ①福祉の法制度の展開について
    ②福祉行政の組織について
    ③地方自治体の財政と民生費の動向について
    ④福祉行政の専門機関及び地域の相談機関について
    ⑤福祉計画について
    ⑥福祉計画における住民参加の方法について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「福祉計画と福祉行財政について述べよ」
     1、社会福祉と計画
     福祉計画とは、社会福祉の概念にも見られるように広狭の多義にわたる解釈がある。それと同様に社会福祉における計画といった場合にも、言葉の用いられ方や意味するところは多様である。
     例えば、介護保険制度においてはケアプランが、また、社会福祉法人の経営・管理計画や社会福祉施設の事業計画などもある。さらに地域では社会福祉協議会をはじめNPO、ボランティアなどのさまざまな活動があり、住民による社会福祉に関わる問題の発見、問題の解決のための計画づくりも行われている。
     このように思いつくままに社会福祉と計画という視点で関連する事柄をあげただけでも、今日では計画という用語の使われ方や論点が多岐にわたることに気づく。例えば社会福祉の構造を便宜的に①臨床、②経営・管理、③政策という3層でとらえた場合に、それぞれの領域に計画という概念が存在することがわかる。社会福祉に関する計画という概念は多様で広狭の領域に応じてさまざまな使い方があり、決して画一的な定義があるわけではない。
     2、福祉計画の考え方
     わが国では、平成に入るまでは計画という要素..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。