ソーシャルワークⅢ 設題② B+判定「相談援助におけるスーパービジョンの意義について説明せよ」ぷらす科目終

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数25
閲覧数1,795
ダウンロード数51
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポートに加え、おまけに科目終了試験も乗せていますが、どれも平均800字程度でまとめたものです。ものによっては1000字程度のもありますが、あくまで参考程度にご利用下さい。

    この教科以外にも科目終了試験付のレポート販売してますので
    ぜひご利用くださいね!

    科目終了試験
    ①ケースマネジメントにおけるアセスメントの意義と方法について
    ②グループワークの意義、定義及び展開過程における援助者の役割について
    ③コーディネーション、ネットワーキングの概念及び展開方法について
    ④さまざまな実践モデル、アプローチの理解について
    ⑤スーパービジョン、コンサルテーションの意義及び概念について
    ⑥相談援助における個人情報保護の意義と課題について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「相談援助におけるスーパービジョンの意義について説明せよ」
     ソーシャルワーカー(以下、ワーカー)はクライエントの人生に寄り添う仕事であるため、心に疲れを感じたり、また同僚や他の専門職との間で葛藤や不安を感じることもある。こうした困難を克服し、専門職としてより高いレベルの知識・技術・価値、そして実践力を身につけることが期待される。また、ワーカーは、専門職としての未熟さを感じたり、ストレスのない職場環境がほしいと感じたりする。以下、これらを可能にするスーパービジョンについて述べていくこととする。
     1、スーパービジョンの目的
     ソーシャルワークにおけるスーパービジョンとは、ソーシャルワークを行う施設や機関において、スーパーバイザーによって行われる専門職としてのソーシャルワーカーを養成する「過程」である。スーパービジョンの形態は、大きく個人スーパービジョンとグループ・スーパービジョンの2種類に分かれる。
     1)個人スーパービジョンとは、スーパービジョンの最も基本的な形態であり、スーパーバイザーとスーパーバイジーが一対一の面接方式で行うものである。一つのケースを深く掘り下げやすく、自己覚知..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。