保健医療 B+判定「保健医療サービスの変化と社会福祉士の役割、保健医療サービス連携の理論と実践について述べよ」ぷらす科目終

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数22
閲覧数854
ダウンロード数42
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポートに加え、おまけに科目終了試験も乗せていますが、どれも平均800字程度でまとめたものです。ものによっては1000字程度のもありますが、あくまで参考程度にご利用下さい。

    この教科以外にも科目終了試験付のレポート販売してますので
    ぜひご利用くださいね!

    科目終了試験
    ①医療ソーシャルワーカーの業務内容について
    ②医師の役割とインフォームドコンセントの意義について
    ③医療施設、介護施設、在宅支援のシステムについて
    ④医療保険制度と診療報酬制度について
    ⑤保健師、看護士、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカーの役割について
    ⑥高額療養費制度について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「保健医療サービスの変化と社会福祉士の役割、保健医療サービス連携の理論と実践について述べよ」
     1、保健医療サービスの変遷
     保健医療サービスとは、ヘルスケア(health care)の訳であり、治療や看護などの医療サービス(medical service)と移送や家事援助などの社会サービス(social service)から構成される。疾病構造が感染症から慢性疾患、高齢者医療に変化するとともに、保健医療サービスはキュアからケアへ総合的なケアが求められている。それは、これまでの治療偏重のサービス提供から在宅や生活を重視したサービスへの転換、再構成を意図したものである。患者の退院とともに、「生活」を支える地域の関係機関・多職種が、チームワーキングという線の連携およびネットワーキングという面の連携により適切で良質な保健医療サービスへの提供が可能となっている。
     2、保健医療サービスの構成要素
     保健医療サービスを構成する要素として、以下に述べる4つがあげれる。
     第一に医療関係職種である。病院、一般診療所、歯科診療所で行われる医療行為、歯科医療行為それぞれが医師、歯科医師の指示の下に提供..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。