社会調査法 A判定「社会調査の性格と類型についてまとめ、量的調査(統計調査)と質的調査(事例調査)の相違について述べよ」おまけ科目終

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数22
閲覧数1,713
ダウンロード数73
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポートに加え、おまけに科目終了試験も乗せていますが、どれも平均700字程度でまとめたものです。ものによっては1000字程度のもありますが、あくまで参考程度にご利用下さい。

    この教科以外にも科目終了試験付のレポート販売してますので
    ぜひご利用くださいね!

    科目終了試験
    ①量的調査の方法とその特徴について
    ②質的調査の方法とその特徴について
    ③量的調査と質的調査の特徴の比較について
    ④サンプリングの方法とそれらの特徴について
    ⑤調査票作成上の諸注意点について
    ⑥社会調査における倫理と個人情報保護について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「社会調査の性格と類型についてまとめ、量的調査(統計調査)と質的調査(事例調査)の相違について述べよ」
     社会調査とは、一定の社会または社会集団における社会事象に関するデータを、客観的な方法、主として現地調査によって、収集、処理、記述および分析する過程を通して社会事象を定量的または定性的に認識するために行われるものである。
     このことは、社会福祉士が福祉サービスを必要としている者に対して相談援助を行うといった行為と近似するものとしてとらえることができるだろう。社会調査は、調査対象にまつわる諸課題の理解、対応策の立案などを目的としているが、今日では、単に社会学という学問にとってのデータ収集という意味を持つだけでなく、政策決定や国民生活の様々な局面において広く活用され、自由で民主的な社会の維持と発展にとって、不可欠な要素であるという点に重要な意義を持つ。
     また、社会調査の目的は前述の通りだが、その基本的性格として社会事象の科学的認識にある。しかし、社会調査のすべてが科学的認識のみを目的に実施されているかというとそうではなく、実践的な目的をもって行われる社会調査も少なくない。むしろ、社会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。