聖徳大学 教育基礎論 第1課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数383
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    聖徳大学 教育基礎論 第1課題  「A判定」
    参考文献:『学校経営の基礎・基本』 牧 昌見 (教育開発研究所) 『教育経営』 白石祐編 (協同出版)

    テーマⅡの「学習課題」の1を選ぶ
     近代の日本の教育は“学校教育”の肥大化といわれるように、学校での教育に大きくその比重が置かれてきた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題
    テーマⅡの「学習課題」の1を選ぶ
     近代の日本の教育は“学校教育”の肥大化といわれるように、学校での教育に大きくその比重が置かれてきた。その結果、家庭と地域による子どもの教育機能は弱まり、全て学校まかせという構造が出来てしまい、学校・教師への負担が大きくなっているのが現状である。強い情熱と使命感に燃える教師は無限保障の立場を取り、その教育に関わる全ての責任を背負い込もうとする傾向にあるが、一人の教員が行える教育には時間的・空間的な限界がある。同時に、独り善がりな理想論は、異なるモチベーションを持つ他の教師との関係性を悪くしかねない。
    また、無限保障は理想ばかりを並べ、現実的な対応を取..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。