聖徳大学 教育方法学 第1課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数472
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    聖徳大学 教育方法学 第1課題 『A判定』
    参考文献:『教育法方学』 佐藤学 (岩波書店)

    教職を希望するものにとって、教育法方学の理論と実践はどのように役立つと考えるか論述しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題
    教職を志しながら、まだ一度も子どもたちを目の前に実践を行った経験のない者にとって、教育史に残る理論・実践を遺した世界の偉人たちの思想、その発展の経緯を学ぶことは必要な過程であると考える。彼らの思想は当時の世相を反映しながらも、代わることのない子どもの性質、その無限の可能性を秘めた能力を伸ばすための方法論を示すことで、未知なる実践という領域へのヒントを与えてくれる。また、わが国の教育史を学ぶことも、非常に重要である。日本の現在の学校制度は第2次世界大戦を分岐点とし、いかに発展・衰退・復興を遂げ現在に至ったのか。日本国民としての教育を行う上で、繰り返すべきではない歴史の認識を含め、学ぶべ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。