聖徳大学 教育経営論 第2課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数291
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    聖徳大学 教育経営論 第2課題 第2設問 『A判定』
    参考文献:『学校経営の基礎・基本』 牧 昌見 (教育開発研究所)
    『教育経営』 白石祐編 (協同出版)

    教育経営とは、教育の目的を達成するために行われる諸条件(人的・物的・財政的・組織的条件)を整備し、PDS(計画・実行・評価)のサイクルに従って運営する営みの総体である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題
     教育経営とは、教育の目的を達成するために行われる諸条件(人的・物的・財政的・組織的条件)を整備し、PDS(計画・実行・評価)のサイクルに従って運営する営みの総体である。主体は経営の単位によって様々で、主に次の3つが挙げられる。①学校を単位とする学校経営、②国・地方公共団体を単位とする教育行政、③社会教育に関する行政として地方公共団体を単位とする社会教育経営、である。この関係は上級・下級機関の関係ではないが、国から地方公共団体に、地方公共団体から学校におろされるという仕組みになっている。さらに学校経営は学校管理と学校運営に、教育行政は学校(教育行政)と社会教育行政に、社会教育経営は社..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。