0956国語科教育法Ⅳ【日本大学通信教育・合格レポート】

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数196
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    国語科教育法Ⅳ合格レポートです。科目修得試験過去問(H23/1回~H25/3回)付。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国語科教育法Ⅳ
    国語教材に於ける不易流行の視点から、伝統的教材観と、新時代に対応した新たな教材の可能性についてそれぞれ論じなさい。
    〈ポイント〉
    1.本書で言うイノベーションとは何か。
    2.時代に対応した教材観の変遷について。
    3.サブカルチャーの実態について。
    4.新時代に即したメディアリテラシーについて。
    5.伝統的な言語文化と国語の特質に関する事項に於ける古典教育の実際について。
    〈キーワード〉
    教材におけるイノベーション、若い世代とサブカルチャー、定番教材、教室の文化と子どもの文化、ノートからワークシートへ
    国語教育におけるイノベーションとは、教育の発展に寄与する革新的なあり方のことである。教材や教授法において新しいことを開発し、実際に教育現場で取り入れて発展していくことを指す。教材開発は、学習者の「いま、ここ」に焦点をあて、常に学習者の実態に即して進められる必要がある。
    しかし、むやみに「新しいもの」をどんどん取り入れていくだけが正解ではなく、「いかに生徒が楽しく学び、力をつけることができるか」を一番に考えなければいけない。サブカルチャーを出典とする教材には、生徒の興味をひく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。