04読書と豊かな人間性【日本大学通信教育・合格レポート】

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数467
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    読書と豊かな人間性合格レポートです。科目修得試験過去問(H23/1回~H25/3回)付。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    読書と豊かな人間性
    「豊かな人間性を育む」という観点から「子どもの読書と本の力」について、また「学校における読書活動の必要性」について述べなさい。
    〈ポイント〉
    「豊かな人間性とは」ということを考察し、本を読むことはどんな意義をもつのか、そして、子どもの成長過程における読書の意義、および子どもの発達と読書環境ということを論ずる。
    〈キーワード〉
    ことばの大切さ、読書の楽しさ、自己の確立、コミュニケーション力、映像文化と子ども
     まず、「豊かな人間性」とは何かについて考察していく。
    教育基本法の前文には「個人の尊厳を重んじ、真理と正義を希求し、公共の精神を尊び、豊かな人間性と創造性を備えた人間の育成を期するとともに、伝統を継承し、新しい文化の創造を目指す教育を推進する」とある。そして「豊かな人間性」とは、変化の激しい知識基盤社会で自立的な生き方をするために必要な能力である「生きる力」の要素[確かな学力]・[豊かな人間性]・[健康と体力]の1つでもある。
    また、道徳教育の中で育みたい「豊かな人間性」として、文部科学省は次の6点を挙げている。①美しいものや自然に感動する心などの柔らかな感性、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。