Q0107 地理学 第1設題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数104
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    A判定でした。文献等を調べないといけない科目なので参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アジアにおける農牧地域を図示し、さらに2,3の事例をあげてくわしく説明せよ。
    1.アジアの地域区分
    アジアは図1に示すように、西アジア、東アジア、南アジア、東南アジア、中央アジアに区分される。アジアの地形には、山脈と高原と盆地からなる内陸がある。中央部のやや南側に位置する高地地帯はヒマラヤ山脈とその周辺、ならびにチベット高原で形づくられ、その周りに4大高原地帯(シベリア、中国東部、インド南部、アラビア半島)と広大な盆地や平野とがならぶ。
    2.アジアの気候区分
    南アジアの気候はモンスーンによって、冬は寒くて乾燥し、夏は暑くて湿度が高く、雨が多い。東南アジアの地域では降水は夏に集中することなく、年間に分散し、熱帯気候が広がる。東アジアは、中緯度地帯に位置する広大な陸地でモンスーンの影響が大きい特徴がある。西部の内陸では乾燥気候である。東部の沿岸では南は亜熱帯気候、北は温帯気候が広がる。中央アジアや西アジアは以上の地域とことなり、地中海式気候に近く、年降水量は少なく、半乾燥性のステップ気候ならびに砂漠気候である。
    3.アジアの農牧業
    次にアジア農牧業について述べる。図2より大まかにみると、内..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。