生理学実習 神経の活動電位 実験c

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数919
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    C. 強さ-時間曲線 (strength-duration curve)
    要約
    ウシガエルの座骨神経を矩形波パルスで刺激し発生した活動電位を,飽和レベルの最大活動電位の1/2になるように一定に保ち、刺激持続時間(DURATION) を変えたとき,その状態になる刺激の強さ(INTENSITIY) を記録し,時間と刺激の強さの関係を調べグラフ化した. 最小二乗法により近似直線を得た後,Weissの式で描いた曲線と実習で得たデータでの曲線とを比較した.また,この実習での基電流は164 mV ,時値は0.110 msとなった.
     
    方法
    実習書に従って行った.刺激装置のINTENSITIYを実験aで得た最大活動電位752 mVの約1/2の350 mVになるように調整し,DURATIONを変え,そのときのINTENSITITYを記録した.
    結果
    刺激持続時間と刺激強度の結果を表6に,刺激持続時間と刺激強度の関係のグラフを図6に示す.刺激持続時間の逆数と刺激強度の関係をグラフ化し,そのプロットからExcelで最小二乗法により導出した近似直線を図7に示す.
    図6より刺激持続時間を長くするほど閾値に達..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。