保育内容B・人間関係レポート①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数945
ダウンロード数34
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    PB3130 保育内容B・人間関係 1 単位目 2012 年度
    『第2版 保育内容・人間関係(保育・教育ネオシリーズ17)』金田利子・齋藤政子(同文書院)
    1. 領域「人間関係」ねらいと内容について述べよ
    2. 領域「人間関係」と他領域との関係性について述べよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ①保育の5領域とは1つ目に心身の健康に関する領域である「健康」、2つ目に人とのかかわりに関する領域である「人間関係」、3つ目に身近な環境とのかかわりに関する領域である「環境」、4つ目に言語の獲得に関する領域である「言葉」、5つ目に感性や表現に関する領域である「表現」の5つである。この5領域は幼稚園生活全体を通じて様々な体験が相互に関連し、次第に達成に向かうように示されている。
     領域「人間関係」において、幼稚園生活で育つことの期待される事項は「他の人々と親しみ,支え合って生活するために,自立心を育て,人とかかわる力を養う。」ことが明記されている。その中では、(1) 幼稚園生活を楽しみ,自分の力で行動することの充実感を味わう。(2) 身近な人と親しみ,かかわりを深め,愛情や信頼感をもつ。(3) 社会生活における望ましい習慣や態度を身に付ける。という3つのねらいがある。
     さらに、その内容は(1) 先生や友達と共に過ごすことの喜びを味わうこと。(2) 自分で考え,自分で行動すること。(3) 自分でできることは自分ですること。(4) いろいろな遊びを楽しみながら物事をやり遂げようとする気持ち..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。