保育内容A・健康レポート②

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数281
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    PB2170 保育内容A・健康 2 単位目 2012 年度
    『保育・教育ネオシリーズ16 保育内容・健康』河鍋翯編著(同文書院)
    「健康教育」および「安全教育」の意義についてそれぞれ述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     小学校就学までに習得することが期待される保育の5領域を達成するために実施する健康教育及び、安全教育を考え、現代社会において子ども達を取巻く環境の側面から、それぞれの教育の意義について考察する。
     保育の5領域とは1つ目に心身の健康に関する領域である「健康」、2つ目に人とのかかわりに関する領域である「人間関係」、3つ目に身近な環境とのかかわりに関する領域である「環境」、4つ目に言語の獲得に関する領域である「言葉」、5つ目に感性や表現に関する領域である「表現」の5つである。この5領域は幼稚園生活全体を通じて様々な体験が相互に関連し、次第に達成に向かうように示されている。
     領域「健康」において幼稚園生活で育つことの期待される事項は「健康な心を育て、自ら健康で安全な生活をつくり出す力を養う。」ことが明記されている。その中では、幼児が明るくのびのびと行動し、充実感を味わうことで心情の育ちを期待し、自分の体を十分に動かし、進んで運動しようとすることで意欲の育ちを期待し、健康で安全な生活に必要な習慣や態度を身に付けることで態度の育ちを期待している。
    これらをうけて、保育のなかでそれぞれが生涯にわ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。