古代オリエントにおける都市、都市国家、領域国家の特徴について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数476
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    オリエント文明の発展形成に関するレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    古代オリエントにおける都市、都市国家、領域国家の特徴について
    都市
    最古の都市と言われているのは、ウルク遺跡である。都市と、集落をわける特徴としては、城壁、目抜き通り、街路、水利施設等の都市計画性、指導者の館、軍事施設、ドア封泥倉庫、市場等の行政機構、また、神殿等の祭祀施設が有る事が条件となる。これらの施設を、全て満たす集落を、都市と言う事が出来る。1つ1つを具体的に説明して行くと、ウルク前期に、日干しレンガ製の城壁が初現し、後期に行くにしたがって、幅も広がり、見張り塔等もある本格的な防御施設となった。ウバイド期は、集落配置は、ランダムであったが、ウルク中期になると、街路等による区分けをしだし、目抜き通り等も作られた。これらの街路には、溝等の、排水施設あり、その水は、空開地に設置されていた。また、都市内には、ウルク前期から、軍事・行政施設があり、ウルク中期以降は、ドア封泥の鍵付きの本格的独立倉庫が、管理棟とともに建設された。ドアの封泥には、絵文字の印章がかかれていた。行政施設の中には、市場や、指導者の館があり、これらは計画的に建設された。神殿については、最初期は祭壇と供物台など、シンプ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。