法律学概論第二設題 Q0704

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数177
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信課程の合格済みレポートです。あくまでも学習の参考としてお使いください。各科目B判定以上です。テキストを中心にまとめています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     医療をめぐる法律問題について。
     現代における医療と法の関係について、医療における患者の権利の確立に関する諸問題と、医学の急速な進歩に伴って生じてきた問題の二つの側面から考察することができる。これらの問題は、医学と法の交錯する領域において生じる問題であり、学際的な性格を有することから、近時、この領域で生じる法律問題を総合的観点から検討するため、「医事法」が形成された。その中でも、患者にとって重要な論点について、①医師と患者の権利義務関係、②患者の自己決定権について、③医療過誤訴訟の問題点、④生と死に関する法律問題の四項目を取り扱い、考察していく。
     ①医師と患者の権利義務関係について、我々は適切な医療を受ける権利を有している。わが国の従来の医師と患者の関係は、医師の権威主義の影響のもとにあったが、近時における医療の高度化、複雑化、分業化、産業化、患者数の増大にともなう診療時間の短縮などを契機として、医療のゆがみや医師患者関係の希薄化といった問題が浮上した。そして、これらの問題を解決するため、医療における患者の主体的地位を尊重することにより、適切な医療の実現を図る必要性が強調されること..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。