Q0103西洋の歴史第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数628
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    佛教大学通信課程の合格済みレポートです。あくまでも学習の参考としてお使いください。各科目B判定以上です。テキストを中心にまとめています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テキスト『アトラティス・ミステリー』について。アトランティス伝説の解釈について3つ以上例を挙げながら、自分の解釈を論じなさい。そのうえで、なぜアトランティス伝説が人々を魅了してきたのか、テキストの内容をふまえたうえで、自身の考えを論じなさい。
     アトランティス伝説とは、紀元前四世紀の古代ギリシアの哲学者プラトンの著作である対話篇の「ティマイオス」と「クリティアス」に登場する伝説の島のことである。その中で、今から約一万二千年前に大西洋上にアトランティスという島が存在し、繁栄していたが、次第に堕落してしまい、神罰によって一昼夜にして海中に没してしまったと伝えられている。一万二千年前には、文明はまだ存在しておらず、人類はまだ石器時代の段階にあったはずであるが、アトランティスはすでに海上を支配する国家を築き、豊かな物資に恵まれながら、高度な建築技術を擁して都市を建造し、繁栄していたとされている。はたして、アトランティスは実在していたのであろうか。
     数多く存在するアトランティス伝説をめぐる諸説の中に大西洋実在説がある。この解釈は、アメリカのダンリーという人物によって広められ、大西洋東西の文明に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。